fbpx
融資を獲得!創業計画書の作り方

事業内容は、自分のビジネス経験を振り返りながらまとめる

事業内容は、自分のビジネス経験を振り返りながらまとめる

創業計画書をまとめる前の「振り返り」が重要

では、事業内容について各項目のまとめ方を整理していきましょう。

まず、「創業前に確認しておきたいこと」がいくつかあります。
独立して新たに事業を行うのですから、自分自身の知識や経験を高めておくことはもちろんのこと、家族の理解なども重要になってきます。

そこで、まずは下記項目について自分自身で振り返ってみてください。

  1. 創業の動機は明確か?
    ・自分はなぜ創業するのか、創業の動機については明確になっているか。
  2. 知識や経験は十分か?
    ・自分が創業する事業に関する知識や経験があるか。また、創業のため、その知識や経験を高めようとしてきたか。
  3. 自信や覚悟はあるか?
    ・売上の減少、資金繰りのひっ迫、販路の見込み違いなど様々な苦境に陥っても、事業を継続していく自信や覚悟をもっているか。
  4. 家族の理解があるか?
    ・自分だけの意気込みで先走ることなく、配偶者をはじめ両親・子供などの家族の理解は得られているか。
  5. 創業のメドは立っているか?
    ・とくに店舗を構えて創業する場合、具体的な立地のメドは立っているか。
  6. 人材の確保は大丈夫か?
    ・自分で決めて自分で対応し、独りよがりになってしまうのではなく、必要な人材を確保できる見込みは立っているか。
  7. セールスポイントは何か?
    ・自分の会社が伸ばしていくべき長所を自分なりに理解し、それを他の人にPRできるか。
  8. 経理感覚を持っているか?
    ・家計簿のようなものでかまわないので、これまではどのくらいの収入があり、どれくらいの支出があり、お金がどれほど残せたかを計算してみたか。
    ・事業を始める前の段階で、同じように収入と支出、売上や利益について予測を立ててみたか。
    ・事業の頭金、すなわち自己資金は十分に貯めてきたか。
  9. 経営感覚はあるか?
    ・一度でいいので、自分なりに事業計画を立て、創業後をイメージしてみたことはあるか。

もし創業する自分の木本、覚悟が「甘い」と感じたら、そう思う項目について対策を講じておくことをお勧めします。
これからは勤め人ではなく、一国一城の主として事業を背負って立つのです。
「人・もの・金・情報」という経営資源の全般にわたって、創業者としての意気込み・覚悟が求められると考えてください。

創業に関するお悩みはこちらから

創業がうまく行くかどうかはそのビジネスプランの優劣よりも、資金の調達方法や事業の計画性に占める割合が大きいとされています。
とりわけ、創業時の資金問題は誰もが乗り越えていかないと行けない大きな課題の一つです。
弊所では毎月、知っているだけで得をする創業融資制度の上手な活用方法をお伝えしております。創業をお考えの方は必ずご参加下さい。

創業資金調達セミナー

日程が合わない、すぐに創業の相談をしたい方は個別面談も承ります。
下記よりお問い合わせください。

面談・資料請求・お問い合わせ